Oh,my DAT!

神経内科通院&抗パーキンソン剤服用記録、過去の恋愛失敗談などを不定期で書いています

茶髪医師の苦悩と奮闘

20代の頃に社会人サークルで知り合った茶髪野郎。
近所の救急指定病院に勤務する若手医師でした。
チャラいノリと見た目とは裏腹に真面目野郎、且つ
「好きな女のタイプは腕にリスカ痕がある子」
という変わり者だった彼は
知識も幅広く話も面白いので
純粋に飲み仲間として仲良くしていました。


最近どうしているのかと思い検索してみたら、
その後学校に入り直し新たな専門知識を培い
現在なんと精神科の医師になっていました。
理想的な女性がわんさかいる職場ではないか✨
でも実際の結婚相手は趣味つながりの女性の模様。


・・・なんて面白おかしく書いてしまったけど、
当時救急で日々自殺未遂で運び込まれる人たちの
治療をしている事をボヤいていた事もあったので
彼なりに何か強く思うものがあったに違いありません。


だからって根本からどうにかしようと考えて
更に行動に移すのがスゴイ。
これまでのキャリアも無駄になるかもしれないし、
とても勇気のいることだったはず。
マジでアイツすごいわ。
(もしや好きな女性のタイプがアレだったのは
「医者に群がる金目当ての女避け」
の方便だったのかな?!)


心の病気は身近な病気なので他人事ではなく
私もいつお世話になるかも分かりません。
鬱病の人をばかにしていた友人が
その数年後に鬱病で亡くなった事もあります。


精神科のお医者さん方(に限ったことではないけど)には
この専門科を選んでくれてありがたいなって思います。
きっと昔に比べて患者さんも増えてるし
多様化してるから大変かもだけど、
一人でも多くの患者さんが救われますように。
そして彼と出会ったラッキーな患者さん達が
彼と心を通わせていく内に気持ちが楽になったり
社会復帰できたりしてたらいいな、と切に願うのです。

棚ぼたプレミアムスイート

沖縄へ行きました。
飛行機からは富士山がきれいに見えました。


沖縄は年末だというのに25℃の夏日。
半ば諦めていたマリンアクティビティも
無事に楽しむことが出来ました。
私が知っている一般的な砂浜は
貝殻はほとんど見かけないので
念願の貝殻&サンゴ拾いもできて嬉しかったです。


サンセットも素敵でした。


低予算だったのでホテルも
低層階の狭い部屋のはずだったのですが、
夜遅くにチェックインしたら
「先ほどプレミアムスイートにキャンセルが出たので
通常7万円のお部屋ですが
+5000円でこちらに変更できます」
とのご提案をいただき、
急遽プレミアムなスイートルームに宿泊決定。
床も大理石だし、セレブが泊まっていそうな
まさに「ラグジュアリー」という横文字が相当の
広くてオシャレな素晴らしいお部屋でした。
ラブホみたいな大きいお風呂で
家族みんなで入浴できたし、
上層階だったのでバルコニーからの眺めも素晴らしかったです。


沖縄はどこへ行っても楽しかったです。
夢のような3日間でした。


前は夫に
「定年退職したら夫婦で旅行いっぱい行こうね」
と言ってたけど
やはり動ける内に動いておかないと、
と思うようになりました。
住宅ローンの繰り上げ返済は諦めて
家族の思い出作りを優先させていこう。

クリスマスの苦い思い出

人生初彼氏は高校一年の秋、近隣の他校の人でした。
お互い初彼氏彼女。
私が空手をやっている、と言うと
「じゃぁ僕のこと守ってね!」
とか言っちゃう気が弱めなモヤシっ子。


二人で会ったのは3回くらいで、
毎回ランチして街をプラプラする程度でした。
特に気持ちが盛り上がること無く、
相手のことをそこまで好きになれなかったので
別れを決意。
...が、4回目のデートは
ディズニーランドに決まっていました。


クリスマスの時期だし、
個人的にディズニーランドには行きたい✨
よし、行った後に別れよう。そうしよう。


...軽々しくそう思って当日を迎えました。
すると電車の中で彼がニコニコしながら言ったのです。


「ディズニーランドの○○でキスをした恋人同士は
ずっと幸せになれるんだって♪」


・・・へぁっ?!


キスして相手を幸せの絶頂にした直後に
別れを切り出すとか最悪じゃん...
そもそもこの人とキスとか絶対無理! (> <)
(一度肩に手を回されただけで逃げた)


どうしたらいいんだ・・・
考えて考え抜いた私の答えは
「傷が浅い内に言うべき」ということで
その場で別れを切り出したのでした。


恋人達の幸せの聖地ディズニーランドに
行く途中に別れた私たち。


「とりあえず・・・
向かっちゃってるから・・・
行こうか・・・」


一緒に入園してアトラクションも3つ乗ったけど
完全にお通夜モード。


耐えきれなくなった彼が
「ごめん、もう帰るね」と
私へのクリスマスプレゼントを押しつけて
一人立ち去りました。
私も一人ディズニーを楽しめる度胸もなかったので
時間差で帰りました。


まだ相手の気持ちなど考えられず
自分本位だった16歳の頃の失敗。
彼とは元々他校だったのでその後一切交流はなく
消息不明(?)です。
勝手ながら、彼が幸せになっていますように。


私もその後しばらく
ディズニーランドに行く事はなかったけど、
10年前にリベンジ出来ました。
クリスマスディズニーはこんなにも
キラキラしていてハピネスなのかと。
あの頃はそんな雰囲気も目に入らなかったなぁ。
今年もクリスマスディズニーを満喫する人達に
幸あれ!

10年前