Oh,my DAT!

神経内科通院&抗パーキンソン剤服用記録、過去の恋愛失敗談などを不定期で書いています

モラハラ男に共依存してたけど目が冷めた時の話

病気ブログだけど、通院が月一で進展もないので無関係な投稿です。


よく情報番組で「私が今までに出会ったサイテー男」「元カレ仰天エピソード」などの街角インタビューをやっています。私がもしインタビューを受けたら何を答えようかな〜と思い、いざというときの為にネタを書き溜めておくことにしました。


20代前半に付き合っていた男が強烈で、そいつの仰天エピソードを思い出しながらメモっていたら出てくる出てくるすごい量。暴力こそ無かったものの、毎日理不尽な扱いを受けていた当時の自分に同情してしまいます。


当時はまだモラハラという言葉がなくてうまく表現できなかったけど、まさしく今でいうモラハラ男でした。ムチと飴の差が激しく、9割ムチでも1割の飴ですべてチャラになってしまう私のチョロさが彼を付け上がらせてしまったのだと思います。当時の私は彼にゾッコンで惚れた弱みに付け込まれて虐げられ、それでも周囲の忠告を一切聞こうともせず我が道を貫いていました。可哀想な自分に酔っていたし、こんなだめな人は私がいないと生きていけないとさえ言い張っていたのです。よく人は言います、「DQNと付き合ってるおとなしそうな女も所詮DQN」。私も周囲から見たらそんな風に思われていたのかもしれません。


私に転機が訪れたのは付き合って5年も経った頃。同棲してたそいつが転勤で遠距離になったことで私の日常は一気にヒマになりました。知らない土地で友達も居なかったのでまずは友達を作ろうと、社会人サークルに入り地元の同年代との関わりを持つようになりました。男女問わずたくさんの人達と交流し情報交換などしていく内に、自分の職場環境がブラックだと気付かされ好条件の会社に転職できました。そしてついに


「あれ?あんなに嫌な思いや悲しい思いをしてまで耐えてる必要ある?あいつよりマトモな男なんて世の中に山ほどいるのに。今まで私、何してたんだろう・・・もっと自分を大切にしよう」


と、恋愛もブラックだった事にも気付くことが出来ました。冷めたら行動は早いもので、時間はかかりましたががんばって彼から離れました。


数年後出会って結婚した優しい夫には私が謎の病気になってから心配かけているし将来も不安だけど、どうにかこの人を一生幸せにしたいものです。


仰天エピソードをここで大放出しようかと思ったけど、いつかインタビューされた時のために温めておこうと思います!(一生そんな機会ないかな^^;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。