Oh,my DAT!

神経内科通院&抗パーキンソン剤服用記録、過去の恋愛失敗談などを不定期で書いています

前傾小股つま先立ち早歩きを止めたい

一ヶ月ぶりの神経内科通院。


私 「新しいクスリ、ちっとも効かないです」
医師「副作用の確認なので
   少量しか処方してないんですよ。
   特に問題無いなら良かった、
   量を増やしていきましょう」


というわけで
ドパコール(Lドパ) 1日3錠(朝・昼・晩)
ドプス(ドロキシドパ)1日3錠(朝)
になりました。


以後飲み続けてるけど相変わらず何の変化も無いです。
クスリが3倍になったなら
通常の3倍速く動けるようになるのかと(以下略)


Lドパのおかげで?前と比べて
広いところでは早歩きが出来るようになったり
車の運転がスムーズになった気がするけど、
家の中のような狭い場所や短い距離の移動、
また人混みの中だと
どうしても前傾小股つま先立ち早歩き
(専門用語だと小刻み歩行と言いますね)
になってしまいます。


一旦立ち止まってかかとに意識を持っていけば
大股でゆっくり歩けたりするので、
周囲に「あの人時々ふざけて歩いてる」と思われてそう。
両手に荷物を持つ時なども前重心になりがちなので
歩き出したら止まらないし、バランスも取れないので
いちいち腰を落として止まったり、
壁にぶつかって止まったり、
玄関で毎度荷物を置くと同時に顔面or全身着地したり。
それらをどうにか改善する薬に出会いたいです。
先は長そうだ。


話が逸れますが、関係各所で
「Lドパはたんぱく質があると吸収されにくくなって
薬の効き目が弱まる」
と書いてあるので、なるべくたんぱく質を遠ざけるべく
 まず空っ腹で薬を飲む→
 1時間後にたんぱく質を含む食事
みたいな努力を勝手にしていたのだけど、


医師
「まだ全然気にしなくていいよ。
そういうのは薬を飲み続けて効きが悪くなってきた人が
次の対策としてするものであって、
あなたはまだその段階じゃ無いから大丈夫」


とのことでした。
個人の症状によってまた違うんですね。
朝はいつも納豆卵かけご飯というたんぱく質祭りだし
かなり気にかけていたんだけど、
確認してみてよかったです。


そもそも私の症状がまだ曖昧でLドパの効果も
いまいちピンと来てなかったりします。
例えば服用2時間後も12時間後も同じ感じで、
寝起きの薬が切れたようなダルさもなく
毎日普通なんですね。
でも医師曰く症状が軽いので薬の効きが
持続してる状態なんだとか。


よくいる
「無愛想で威圧的な怖いおじいさん医師」
が苦手な私にとって
現在担当の若くて気さくで丁寧な対応の医師には
なんでも聞けて助かります。
腕は分からないけど、信頼重視で
このまま担当医師についていってみます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。