Oh,my DAT!

神経内科通院&抗パーキンソン剤服用記録、過去の恋愛失敗談などを不定期で書いています

パーキンソン病治療薬候補ダブラフェニブに期待

今年の8月にニュースになったのでご存じの方も多いかと思いますが、備忘録としてブログにも貼っておこうと思います。


2018年8月17日
東京大学医学部付属病院 プレス発表
「パーキンソン病の新たな治療薬候補を同定」

http://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/press_archives/20180817.html


記者発表資料PDF

http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/release_20180817.pdf


記事を一部転載すると


“悪性黒色腫に対する薬として承認されているダブラフェニブが、パーキンソン病の進行を抑制する可能性を持つことを見出しました”


“ダブラフェニブが、培養細胞やマウスのパーキンソン病モデルにおいて実際に神経保護効果を示すことを世界で初めて証明しました。
この成果により、パーキンソン病の進行を抑制する研究が進むことが期待されます”


また他のニュースサイトによると


“東大医学部の戸田達史教授は「現在の治療はドーパミンの補充が中心。ダブラフェニブと組み合わせることができれば、進行を遅らせる効果があるのではないか」と話している”


とのことで、完治とはいかないまでも今までと比べて大きな進歩のようです。


記者発表資料PDFでは


“ダブラフェニブは悪性黒色腫において既に認証されている薬剤であるため、ヒトにおける投与量・副作用について一定のデータが存在することから、臨床応用までのコスト・期間がより少なくて済むことが期待されます。今後はパーキンソン病の患者さんにおいて最も適切な投与量・投与方法などの研究を進める予定です”


とのことで、既存の薬を利用できることの利便性にも期待できそう。進行性の病気なので早急に適用されてほしいです。
早くしろ、今すぐだ。40秒で支度しな!(byラピュタ)


関係ないけど、ダブラフェニブ...競走馬の名前っぽい。連呼したい。


外側から追い上げてきた!
ダブラフェニブ!ダブラフェニブ!ダブラフェニブ!
ダブラフェニブ1着でゴールイン~!


(?)
____


ノーベル医学生理学賞受賞の本庶さんおめでとうございます。
パーキンソン病治療薬の研究されている方々といい、
世の研究者の方々には本当に感謝です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。