Oh,my DAT!

神経内科通院&抗パーキンソン剤服用記録、過去の恋愛失敗談などを不定期で書いています

チョロい女を卒業しようとして失敗

20代前半の頃、当時同棲していた男に浮気を咎めたら
「だいたいお前は何でもホイホイ言う事聞くしチョロいんだよ」
と開き直られたので、
「そうか、浮気されたのはいつも男の言いなりになる弱い自分の責任なんだ!このままではいけない!」
と一大決心し、ちゃんと自分の意見を言うようにしてみました。


きっと状況が変わって私の事を見直してくれる!
これで対等な立場になれる!
意見のぶつかり合いで雨降って地固まる!
・・・と期待したのですが状況は悪化するだけでした。


「俺の言うことにいちいち楯突くな。
 最終的に俺に言いくるめられて結局YESと言うんだから
 始めからNOと言うな。
 お前を説得する時間が無駄だろうが。
 ほら、もう4時間たってるじゃないか。
 4時間あったら何ができた?
 時給で言ったらいくらだ?
 4時間返せこのやろう」


私が言うことをきくまで何時間でも高圧的に説き伏せるようになってしまいました。「虚偽の自白の強要」という言葉がしっくりきます。
こんなことがほぼ毎晩でした。


私も「またホイホイ言うことをきいていたら浮気される!」と思い、簡単に気持ちを曲げてはいけないと必死に抵抗してしまう悪循環。最後は折れてしまうので、本当に男をイラつかせるだけの無駄な時間なのですが。


ある日はそんな説教が深夜3時まで及び、翌朝寝坊し会社に遅刻したこともあります。


ちなみに男は常に酔っていました。「俺は酒に強いから、どんだけ飲んでようといつだってマトモだ」と言っちゃうくらいマトモじゃありませんでした。暴力は振るわれたことはありません。でも理不尽な言動に振り回され我慢し続ける毎日でした。


雨降って地固まるどころか土砂災害になったのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。