Oh,my DAT!

神経内科通院&抗パーキンソン剤服用記録、過去の恋愛失敗談などを不定期で書いています

骨髄バンクドナー登録抹消

私は独身時代「趣味:献血」と言い
2週に一度成分献血に通っていた暇人で
骨髄バンクにも登録していたのですが、
(出産育児のためここ数年は登録を保留中)
はたして脳神経系の薬を服用したまま
献血や骨髄提供はできるのか気になって聞くと
担当医師「全然問題ない」
薬剤師 「だめです」
と意見が真っ二つになったので
ちゃんと日本骨髄バンクに問い合わせてみました。


回答は一部抜粋で
「骨髄バンクではドナーの方の健康と安全を最優先としており、服薬や通院治療中の方からご提供いただくことはできないとしております」
「脳神経系の疾患ですと、たとえ軽度であっても、ご提供は難しくなる可能性が高くなります。したがって、ドナー登録取消の手続きをお願いせざるを得ないことを、どうかご了承いただけますでしょうか」


との丁寧なメールをいただきました。
これにてドナー登録抹消です。
献血センターHP見る限り献血ももう駄目です。


私は昔から何の取り柄もなく
人の役に立つような手に職も知識もないけど
ただ健康でいるだけで人の役に立てること、
それが献血と骨髄バンクドナー登録でした。
人のためとはいいながらもそれが自己肯定感になり
「生きてていいんだ」「ずっと健康でいなくちゃ」と
生きる上でのモチベーションになっていました。
献血カードと腕の無数の針跡を見てはニヤニヤしたり。


死んでも人の役に立てるように
臓器提供意思カードにもすべての臓器に丸をつけてるけど
それもすべて無駄になっちゃうのかな。


今は家族がいるので生きる希望を無くしたりは無いけど、
ちょっと絶望感があったので書いて供養供養。
献血36回、その分誰かが救われてたら嬉しいです。
あとは健康な方にお任せしましょ。
さ、気を取り直して
クスリを飲み続けて精一杯生きるぜ!


...うちの主治医の「問題ないっすよ!」は何だったんだ😱

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。