Oh,my DAT!

ドーパミン不足による運動障害で抗パーキンソン剤服用を開始した私の病院通いレポ、その他。

脳神経外科と神経内科

私はいくつもの身体の異変を
「ただの運動不足」と思っていました。


それが今年の4月、
父親に歩き方の異変を指摘され
「すぐに病院に行け」とのことで、
オーバーだなぁと思いつつ親を納得させるために
仕方なく病院へ行きました。


右手右足に違和感があったので
始めに脳神経外科で診察を受けましたが


CTスキャン→問題なし
翌週にMRI検査→問題なし
多項目に及ぶ血液検査→問題なし


次に神経内科を紹介されました。
これまでの自覚症状を詳しく話し、
身体がどう動いてどう動かないのかを確認。


・かっけの検査みたいにハンマーで叩いて反応をみる
・足の裏を細い棒でツツ〜っとなぞる
・体を横に揺らして急に押したり引いたりしてバランスを立て直せるかの確認
・指が素早く動くか
・まっすぐ歩いたり片足で立ったり
・押さえつけられた手足を押し返して筋力を確認


かなり丁寧に時間をかけて診てもらえました。
最終的に「小刻み歩行、バランスが取れない等
パーキンソン病の疑いがある」
とのことで
パーキンソン病診断に特化した
「DAT SCAN」と「MIBG心筋シンチグラム」
を勧められました。
この2つの検査で異常が出ると
パーキンソン病と診断されるそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。