Oh,my DAT!

ドーパミン不足による運動障害で抗パーキンソン剤服用を開始した私の病院通いレポ、その他。

DAT SCANとMIBG心筋シンチグラフィー

ダットスキャンでは
明らかなドーパミン不足が分かりました。
でもMIBG心筋シンチでは異常無し。


この結果を持って
「パーキンソン病ではありません」
と診断されました。
疑っていた病気ではなかったけど、
深刻なドーパミン不足が判明したわけで
運動障害との長い長いお付き合いが確定です。


とりあえず試しに数週間、
症状を抑える抗パーキンソン剤を飲んで
効き目があるか様子を見ることになりました。


また、別の病気の可能性を確認するため
今度は脳血流シンチグラフィーを受けます。



ブログ開始までに書き溜めた記事の投稿は以上です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。