Oh,my DAT!

ドーパミン不足による運動障害で抗パーキンソン剤服用を開始した私の病院通いレポ、その他。

ドプスが仲間に加わった(薬)

1ヶ月ぶりの神経内科通院。
2ヶ月程ドパコールを飲み続けていたけど、
症状の改善があまり見られないので
試しに薬を増やすことになりました。
新たに仲間入りしたそいつは
「ドプス」1日1錠
いや、名前(笑) 2度見したし。


ドロキシドパ剤で、主にすくみ足に効くそうです。
Lドーパはドーパミンを補充するのに対し、
ドロキシドパはノルアドレナリンを補充するのだそうです。
これで歩きやすくなるといいな。


副作用としては妄想・幻覚とのことでびびってるけど、
まだ少量なので何もないことを祈ります。
医師に副作用の件を事前に
ご主人に伝えておいてって言われたけど、
普段も変だから異変に気付かれなさそう。
妄想・幻覚...何が見えるのかな...。
虫だったらやだな...😱


どうかベッドの中から吉沢亮とかのイケメンが
微笑みかけてくれたり等、
ドーパミンどぱどぱ出ちゃうような
都合のイイ妄想幻覚でありますように。


〜数日後〜
今のところ妄想・幻覚はないです。
そもそも肝心の薬が効かない😨
ノルアドレナリン関係なかったのかな。
相変わらず歩きにくい毎日。
医師に言われた通り数週間飲み続けて様子見です。

ニュースシェア:iPS医療、パーキンソン病で治験 京大の計画了承

喜ばしいニュースです。希望が見えてきました。
現在パーキンソン病で日々辛い思いをしている
多くの患者さんの光となりますように。
先は長いけど、まずは治験に関わるすべてが
順調に行くことを願っています。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33553110Z20C18A7AC8000

今までにかかった医療費(5月〜)

1.脳神経外科 診察、CT 8,500円
2.脳神経外科 診察、MRI 3,770円
3.脳神経外科 診察、採血 4,480円
4.神経内科 診察、採血 10,680円
5.神経内科 DAT SCAN 24,100円
6.神経内科 心筋シンチ 20,300円
7.神経内科 診察 420円
8.神経内科 脳血流シンチ 19,200円
9.神経内科 診察 420円


5月からの明細です。
治療ではなく、
なんの病気か調べるためだけに
10万円近く!かかってます。
もちろん3割負担の金額です。
特に血液検査で1万ってびっくり。
内訳を見たら膨大な検査項目があったので、
他の病気の可能性を潰す手段としての必要経費ですね。
2万円前後の3つはSPECTで
腕に注射する放射性薬剤がかなり高価なんです。


カードで支払ったけど、
引き落しが夫のボーナス後で良かった〜。
まだ病名不明なので今後どうなるか分からないけど、
しばらく月一で薬を貰うためだけの
通院になりそうなのでとりあえず一安心。
薬代も今のところ安価なのも救いです。
病気は家計をも圧迫する悪魔だ...。